太陽光発電 | 太陽光発電、オール電化、水廻りリフォーム、蓄電池の事なら愛知県名古屋市の有限会社吉村設備工業にお任せ下さい。

太陽光発電

コストの比較

各メーカーの料金シュミレーションです。是非一度お問い合わせ下さい。

  • 東芝の光熱費

    国内メーカー多数取扱い!発電効率を考える方は東芝を

  • パナソニック

    暑い日でもしっかり発電したい方はパナソニックを

  • 長州産業

    雨漏りなど保障に強い長州産業

太陽光発電とは?

「太陽光発電システム」とは、簡単に言いえば屋根に設置した太陽光発電パネルから太陽の光に反応し、電気を発電し家庭で使用して、余った電気を電力会社へ売るというシステムです。

お客様の自宅は、「小さな発電所」となり太陽光という仕入れ価格ゼロ円の材料を仕入れて売るという事業を始めるといってもいいでしょう。私たちの住む地球の化石エネルギーも枯渇が危惧されている昨今です。今後の電気料金がどうなっていくのか、先行きが見えません。確かに、太陽光発電システムは、「タダでエネルギー源を仕入れ使用する」というシステム的にはとても理想的といえます。

しかし、わが社ではそのメリットだけでのご購入をお勧めしません。
太陽光発電システムは設置する場所によって発電量が変わることもあり、設置には様々な知識が必要とされるからです。わが社は、太陽光発電システムについてより理解を深めて頂き、納得いただいた上でご購入して欲しいと考えております。設置のお悩みなどがございましたらお気軽にご相談下さい。

「太陽光発電システム」導入のメリット

.「クリーンエネルギー」による発電で地球環境保全に貢献!

太陽光発電は、ひとたび事故が発生すれば環境に大きな影響を及ぼす原子力発電や、CO2を大量に発生させる火力発電と異なる、「クリーンエネルギー」による発電システムです。ご自宅に太陽光発電システムを導入することは、原子力発電や火力発電の依存度を低くさせることにつながり、地球環境の保全に貢献することになります。

.家庭用電力の大幅な削減が可能に!

太陽光パネルでテムを導入することで、家庭用の電力(自家消費)の大幅な削減が可能となります。さらに、自家発電を上回った電力は、余剰電力買取制度によって、売電収入を得ることができます。

再生エネルギー買取制度のついて(経済産業省資源エネルギー庁)

2019年度以降の価格表(調達価格1kWh当たり)

太陽光 10kW未満
余剰買取 ダブル発電・余剰買取
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり※
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり※
2018年度
(参照)
26円 28円 25円 27円
2019年度
(参照)
24円 26円 - -
調達期間 10年間 10年間
太陽光 500kWh以上
(入札制度適用区分)
10kWh以上
500kWh未満
2018年度
(参照)
2000kWh以上
入札制度により決定
500kWh以上
2000kWh未満18円+税
18円+税
2019年度 入札制度により決定 14円+税
調達期間 20年間 20年間

※北海道電力・東北電力・北陸電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力の需給制御に係る区域において、平成27年4月1日以降に接続契約申込が受領された発電設備は、出力制御対応の設置が義務付けられます。

キャンペーン情報

施工事例へ
pagetop